真っ向治療 〜院長紹介とめざすもの〜

トップ>北九州市の鍼灸院 秋山鍼灸院の「真っ向治療」

院長 秋山 勇人

院長 秋山 勇人

真っ向治療 〜中国鍼が海を渡りここに極まる〜

中国上海に5年間留学。
中医学の中国鍼灸と中薬学(漢方薬)を学ぶ。
上海中医薬大学を卒業。
中国中医師免許を取得。
帰国後、東京衛生学園にて日本鍼灸師免許を取得。
2002年8月、『秋山鍼灸院。』を開院。
社団法人全日本鍼灸マッサージ師会会員
社団法人福岡県鍼灸マッサージ師会会員

黒崎剣友会 生徒さん募集中

(秋山少年剣士もデビュー)

 

北九州市八幡西区黒崎にある道場(通称「黒剣」)で、後援会の会長を務めています。
みんなで剣道をやりましょう!

詳しくは院長ブログで

秋山鍼灸院。は「センスのいい」治療院を目指しています。

患者さんの治療総件数は15万件。
北九州市の鍼灸院の中で11年間常にトップ(一番多く)の患者さんを診ています。

真っ向治療

中国での「鍼灸」とは、漢方薬と並ぶ二大治療法です。また、西洋医学と肩を並べる医療の主流であります。その為、扱う症状もたくさんのレパートリーがあるのです。
当院では、中国医学鍼灸に加え、日本で習得した針灸治療のきめ細やかさをミックスし、一生懸命『真っ向』から治療に取り組んでおります。

センスのいい治療を目指す

センスが良いイコールお洒落でカッコいい、と思われる方が多いと思いますが、何も外見のことだけではないのです。実は、我々治療家にとってとても大切な事で、患者さんの見立て、ツボの選択、鍼の本数、鍼の深さ、刺激、どれをとってもセンスなのです。その最高のセンスで、患者さんの身体をイメージできた時、最高の治療ができるのです。

中医学とは

中国で数千年の病気との闘いを理論的にまとめたものです。宇宙の万物を『陰と陽』に大きく二つに分ける陰陽学説、『木、火、土、金、水、』の五つに分ける五行学説、身体を『気、血、精、津液』で理解する気血津液弁証、『肝、心、脾、肺、腎』に分けて考える五臓弁証、病状を『表裏、虚実、寒熱、陰陽』に分類する八綱弁証などをすべて駆使して治療に当たるものです。そして自然との関係を重視し、ヒトの持っている自然治癒力を最大限に引き出し、抵抗力を最大限に高め、全身の治療・予防をする身体に優しい治療法です。 中医学は局所治療ではなく常に身体全体のバランスを考え治療していきます。そのため例えば、腰痛で来られた患者さんでも、その腰痛の原因が内臓の冷えであれば、その臓器を温め強くすることによって、腰痛を解消させていくような治療を、婦人科に問題があれば、婦人科の治療と言ったように対応します。