秋山流「病気治療」

トップ>北九州市の鍼灸院 秋山鍼灸院の「秋山流 病気治療」

安産

鍼灸の世界には安産のお灸というものがあります。

妊娠5ヶ月目にはいったら出産するまで毎日、足首の上3寸(指4本分)の『三陰交』というツボへお灸をしていきます。

お灸をすると、おなかの赤ちゃんが元気に動くのが、お母さんにも感じられると思います。

このツボの効能は、子宮の収縮を促し、それにより胎児の血流もよくなり、無駄な水分を排除し、むくみのない状態の赤ちゃんになると思われます。

漢方用語に、「小さく産んで、大きく育てる。」という言葉がありますが、

小さく産むとは赤ちゃんがむくまないで締まって元気な状態で生まれてくることを言います。

栄養が足らなくて小さいのとは違います。この灸は、母体にも働いて、お母さんも足・腰がむくまず、

腰痛や冷え性にもなりにくく、妊娠中毒症の予防にもなります。

妊娠中の腎機能低下や糖尿などにも効果があり、簡単でとても安全な方法として、昔から行われています。

5ヶ月を過ぎ、一度来院されると、当院で灸の点をすえ、その後、ご自身で毎日すえていただくことになります。

また、腰は妊娠~出産という過程に於いてとても重要なポイントとなります。

腰下肢はもちろんですが、腸や膀胱また子宮にも腰から神経が行っているからです。

元々、腰痛を抱えていたり、腰が弱い方は、赤ちゃんが大きくなると、徐々に仙腸関節や腰椎の関節に歪みが生じてきます。

腰痛がおこるとともに、下肢のむくみ・静脈瘤・冷え等の症状もみられます。

安定期にあたる妊娠5カ月ごろから、腰に対する鍼灸治療を本格的に行っても大丈夫になります。

悪い条件はすべて取り除き、心身を良い状態に持っていき、母子ともにBESTな状態で出産にのぞめることが、安産に繋がると思われます。

(2009/07/22)