記事一覧

梅雨

今日も1日雨が降り続いております

大地にとっては恵みの雨ですが

どうやら自分の嫌いな梅雨時期に突入したみたいです。


この季節になると節々や頭が重く、体がだるく感じると思います。

これは湿邪といわれる外界からの邪気で、私たちの身体に色々な影響をもたらします。

まず脾胃(消化器)は湿邪に弱く、脾胃が弱ってくると身体内にある余分な水分や飲食物に含まれる過剰な水分(内湿)が滞ってしまいます。

また蒸し暑いからといって、
冷たい飲み物や食べ物、甘い物を食べたくなりますが

これらは内蔵を冷やし、消化機能が失調され体内の水分が停滞してしまい

水毒にやられます。

脾胃にとっては酷使するだけなのです。


自宅でできる簡単な予防法は

出来るだけお風呂に入り身体の中を温め、適度な運動をして汗をかくことです。

食事も甘いもの冷たいもの(特にジュースやアイス)を控えましょう。


最近体が重く、お腹の調子が悪い方は是非試してみてください。


吉川泰司。

秋山鍼灸院にお世話になって5年

当院の名前である秋山鍼灸院。の「。」は画数の問題で付けているものばかりと思っていました

院長曰く「モーニング娘が付けているから」とのことでしたが

先日、本当の理由を聞きました


文章の最後に付ける句点、


患者さんにも最後は当院で治っていくように

と付けたそうです


今まで出あってきた方々、これからの方々


私も最後には自分のとこで終われる人間、鍼灸師になるため


素直な気持ちで色々な事に取り組みたいと思っております。

忘年会(望年会)

ファイル 14-1.jpgファイル 14-2.jpg

こんにちわ、山田です。
最近めっきり寒くなり、朝は布団から出たくない季節ですね。
年末にむけて、勉強やお仕事も一段と大変になっていると思います。
そして!!年末には、そんな疲れを吹き飛ばすイベントがあります。
一つはクリスマス!!
子供達やカップルには、とても大事なイベントですね。
もう一つは忘年会!!
一年の疲れを宴会によって水に流そうという、大人による大人のための宴会。
しかしまた、疲れを癒すための宴会で、はめをはずしすぎて疲れてしまうということもあります。
ついつい食べすぎや飲みすぎなどの暴飲暴食をしてしまい、二日酔いや胃もたれなどになってしまう方も少なくないとおもいます。
そこで、そんなときにはこのツボです!!

手の厥陰心包経
内関(ないかん)

足の太陰脾経
公孫(こうそん)
です。
この二つのツボは主に胃痛、嘔吐、下痢、消火不良、腹脹(お腹が張るような感じ)、便秘などに効くツボで、そのツボをおすだけでも多少効果がありますが、鍼ならよりよい効果を期待できます。

さて、肝心なツボの位置ですが、写真に写っているところです。
手の写真が内関で、足の写真が公孫です。
みなさん、今年もあと少しなので元気に来年を迎えられるように頑張りましょう!!

ぼくの目標

ファイル 13-1.jpg

こんにちわ、山田です。

先ほど、吉川先生のブログをみて
『僕も一日でも早く一人前にならないと!!』
と自分に喝をいれ、そのためには目標をきめなくてはと思いました。

吉川先生の夢は"日本一の鍼灸師"なので、僕は"世界一の鍼灸師"になりたいと思います。

そしていずれは"神の手"、"はり天使"など数々の伝説をもつ、秋山院長先生を越えられたらなと思います。

秋山院長先生の施術は本当にすごく、指と鍼が一体化したような、"蝶のように舞い、蜂のように刺す"(Float like a butterfly, sting like a bee)とは、まるで先生のために用意された言葉ではないか?と錯覚してしまうほどの技術なんです。

技術だけではなく、秋山院長先生は医学の知識もすごいです。

鍼灸医学だけではなく、中医学、東洋医学、西洋医学も勉強されており、これらの知識と磨きあげられた技術があるので、先生の施術は"神の手"や"はり天使"と言われる程、数々の疾病を治せたのではないかと思います。

「"癒す"鍼ではなく、"治す"鍼であれ」という秋山院長先生の言葉どおり、治す鍼灸師になれるように、偉大な院長先生のもとで、鍼灸の勉強をますます頑張りたいと思います!!

夢の途中

ファイル 12-1.jpg

どうも吉川です。

今日はぼくの夢について語りたいと思います、

技術 知識 洞察力 説明力

どれをとってもうちの院長は日本一だと思います。


自分の目標はそんな先生を抜いて日本一の鍼灸師になりたいと思っています。


+カリスマ性を兼ねそろえたパーフェクトな鍼灸師になる事です。


なんでこんな事を考えたかと言うと

現在、鍼灸の業界も学校が日本中に乱立したせいで鍼灸師の飽和状態になっているからです。

これから何十年も鍼灸でやっていくにはそのくらいの覚悟が必要な現状です。

癒しの鍼灸ではなく治す鍼灸しか生き残れないのです。

毎月やっている勉強会(中国医学鍼灸研究会霊枢2001)にも若い学生がどんどん参加しています。

中には優秀な人材もいて、そんな彼らを見ていると刺激になるのです。

今年もあとわずかですが、気合を入れなおして頑張ろうと思います。

宜しくお願いします!

芋煮会無事終了。

ファイル 11-1.jpgファイル 11-2.jpg

こんにちは
吉川です。

7日、雨もなく無事に芋煮会が終了いたしました。

九州栄養福祉大学 

山本循環器内科 

秋山鍼灸院。

のもと行われましたが、秋山鍼灸院のシンポジウム

「鍼灸での風邪予防」が行われました。

今回は「風門」「大椎」というツボを使いました。

まずは風門というツボ、風邪(ふうじゃ)がここから入り身体を侵すことから

風邪の入り道として風の門、風門(ふうもん)と言われます。

そのままですね。

次に大椎、このツボ

鼻水が出る方・詰まっている方などにはとても効果的。

スーッと鼻が通ります。


この芋煮会、毎回お土産として参加者には里芋とミカンが貰えます。

自分も大量のミカンを頂きました、これがとっても甘いんです。

はじめまして

はじめまして、山田 君士郎と申します。
今、鍼灸の学校に通っています。
一年生です。
秋山鍼灸院。で一から勉強しております。


11月7日に

九州栄養福祉大学 
山本循環器内科 
秋山鍼灸院。 

主催で"芋煮会"がおこなわれます。
そこで、少しお時間をいただいて、発表をすることになりました。
発表する内容は"風邪の予防について"です。


今日はその"風邪の予防について"紹介していきたいと思います。

風邪の予防法
・手洗い     ・うがい
・マスク     ・保温
・加湿      ・人混みを避ける
・充分な食事、睡眠、休養をとる
・過剰な喫煙、飲酒を避ける
・暴飲暴食を避ける
などが効果的だそうです。
手洗い、うがいは自宅に帰ってきたらすぐにおこない、家の中でのウイルスの繁殖を防ぎましょ

う。
マスクは鼻まで覆うタイプの方が、マスクの内側がほどよく湿り、喉や鼻の粘膜が乾燥しにくい

ので効果的です。
空気清浄機(なければ換気でも大丈夫)や加湿器などを使うとウイルスの繁殖、喉や鼻の粘膜の乾

燥を防ぐことができるのでお薦めです。
充分な食事や睡眠、休養は自己免疫力を高めますので風邪以外にも有効ですので、なるべく日頃

からこころがけてください。

次は、風邪の予防に効果的な飲食物です。

飲食物
・生姜湯  
体を温め、喉の痛みなどにききます。

・梅干し
消火吸収を良くし、疲労回復などもあります。

他にも、大根やカブなど根菜類も免疫力をあげる効果があるといわれています

他にも日頃の食事に少しの調味料として、生姜やにんにく、ねぎをトッピングするのも風邪の予

防につながります。


このような感じで更新していきますので宜しくお願いいたします。

上海蟹

ファイル 9-1.jpg

ご無沙汰しております。

こんにちは。

今田です。

今、中国では国慶節といってお休み期間です。

約1週間くらいあります。

秋のゴールデンウィークみたいな感じです。

突然ですが、この時期くらいになると上海蟹が頻繁に出回るようになります。

写真は上海に以前いった時の上海蟹です。

非常においしかったのを覚えています。

上海に行かれることがありましたら是非ご賞味下さい。

今、日本、中国と国交が揉めているなか、中国の食べ物の話しになりましたが、上海蟹は基本どこのお店でもおいしいのでおいしくないお店はあまりないと思います。

でも、北海の蟹もいいですよね。

たらば、毛蟹食べたいですね。

それでは、失礼します。

秋風邪にご用心

ファイル 8-1.jpg

こんにちは、吉川です。

最近めっきりと冷え込んでまいりました。皆様、咳や、喉の痛みまたくしゃみなど

召されていませんでしょうか?秋は昼と夜の寒暖の差が激しい上に空気がとても

干燥しやすいのです。ですから、鼻.喉にストレスを受けやすくそれが原因で風邪を

引いてしまいます。

こんな季節には、首に何かまいてあげると風邪を引きにくくなります。

当院の院長は首に手ぬぐいをまいて治療しております。


普段着の時も、

もちろんスーツ姿でも巻いて会議に出席しました。

市民公開講座のお知らせ兼自己紹介

 初めましてこんにちは。

今回初めてブログ記載することになった秋山鍼灸院の吉川です。

まずは自己紹介から


福岡医健専門学校の第1期生として鍼灸の世界に入ってきました。

秋山大先生とは学生のころからお世話になっておりましたが

無事に2007年鍼灸師となる事ができました。

もちろん秋山大先生のおかげです!

感謝感謝です!!


話は変わりますが実はこのWander鍼灸というブログ、

元々は自分が書かなくてはいけなかったんですが・・

あまりにも怠けていたせいで、今田先生に書いて頂いてました

今田先生にも謝謝!


これからは今田先生と変わりばんこで書いていきますので宜しくお願いします。


またまた話は変わりますが・・

こんどの日曜日9月5日、西日本総合展示場にて福岡県鍼灸治療学会兼第38回生涯研修会

を行います、

参加費無料ですのでみなさん是非お越しくださいますよう宜しくお願い致します。


「第154回福岡県鍼灸治療学会兼第38回生涯研修会」

(市民公開講座)
平成22年9月5日(日曜日)

受付 午前9時30分 開会午前10時~午後4時40分

会場:西日本総合展示場新館AIMビル3階会議室(311~313)

北九州市小倉北区浅野3-9-30  電話093-541-5931

会費:無料


<研究発表>
1.「『経絡体操』と『経絡テスト』を用いた東洋医学の実践」

2.「灸は救に通ず」

3.「膀胱炎の一症例」


〈市民公開講座〉
11:00~12:00

『リンパ浮腫に対する複合的理学療法』福岡医療専門学校鍼灸科学科長
                        小早川 静泰 先生


12:00~13:00

・・・・・・休憩・昼食・・・・・・


〈市民公開講座〉
13:00~14:30

『健康百余話』済生会八幡総合病院院長  松股 孝 先生


〈特別講演〉
13:00~14:30

『超旋刺-その心とわざ』前日本伝統鍼灸学会会長・弦躋塾塾長
旭日双光章受章(22年度春)       首藤 傳明 先生


社団法人 福岡県鍼灸マッサージ師会北九州市若松支部 

                    秋山鍼灸院。

おススメは、済生会八幡総合病院院長 松股 孝 先生の「健康百余話」


以前一度講演を拝見させて頂きましたが、健康についてのお話なのにこれがおもしろい!!

それでいてタメになる。

また私達にも分かりやすい例え・単語なのでスーっと頭に入ってくるのです。

余談ですが、もとは「健康百話」という冊子から抜粋してのお話、

内容が百話以上あることから今回「健康百余話」になったそうです。・・

ページ移動